安全への取組

HOME» 安全への取組 »安全への取り組み

安全への取組

安全への取り組み

■安全への取り組み

当社は神奈川県横須賀市久里浜港と千葉県富津市金谷港を結ぶ、一般旅客定期航路を営んでおります。

また国道16号線の海上ルートとしての役割を担っております。

観光客やビジネス・物流の足として高い公共性を有する海上交通機関です。

安全で安定した運航を提供することはもとより、お客様に「安心」で「快適」な船旅の提供をモットーとしております。

経営トップが「安全方針」を設定し、これを全社一丸となって着実に実現していくため、全社員に対しての安全意識の浸透を図り、社内に安全風土・安全文化が定着するよう全力で取り組んでまいります。

 

■安全方針

わが社は、海上交通機関として安全最優先となし、関係法令・規程を遵守するとともに、安全マネージメント態勢の継続的改善に努めます。

 

■安全重点施策

①関係法令・規程を遵守する教育指導を行い、安全の確保に万全を期す。

当社航路は昭和35年の就航以来無事故で運航いたしております。

定期的に運航管理研究会を開催し、ヒヤリハット事例を各船・ターミナルから収集したうえで、都度対応を検討しております。

②お客様の安全を最優先とするため、指差し呼称で安全確認を徹底する。

特に着岸・離岸時には事故が起こる可能性が高く、完全な着岸・離岸、可動橋・タラップの架け離し時など、指差し呼称で安全確認を行っております。

③5エス活動により環境を整備し、お客様の事故ゼロを目指す。

(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)

2014/08/11